2017.03.13.Mon 押忍!

野球は、8対7の試合が一番面白いと言う。
昨夜の、日本vsオランダ戦は8対6だった。
振り返った見ても、あんなに面白くて鬼気迫る試合が過去にあったか?
イチローが決勝点を打った、あの試合か?
あれもWBCだった。
決勝点を放ったあのイチローが「逝きそうになった」って、放送禁止用語っぽい言葉を発した。

でも、ある意味、あれはほんまに逝きそうやった。
って言うか、国民のなんぼかは逝ったんちゃうか?

少なくともわしは…、、、、逝った。




しかし、ほんまに昨日のあの試合。
午前0時になりそうな時間まで…、タイブレイクまでもつれ込んでの死闘。

あの試合のグラウンドの立ってる選手は幸せやったと思う。
それは日本の選手も、オランダの選手も、コーチもスタッフも…、もちろん小久保監督も(笑)。
歴史に残る…、超絶べらぼーーーーーな試合やったと思う。
それは勝利インタビューの、小久保監督の疲れ果てた表情と様子が、全てを物語っていた。

わしは、たとえ日本が負けてたとしても、大あっぱれ!をあげたい。
心からの大拍手を送りたいと思う。
オランダも素晴らしかった。

それぐらいの近年記憶のないような素晴らしい試合だった。

それに勝った侍達は、より結束力も強くなり、信頼や絆も深まったことやろ。




ここでもう一度、ふんどし引き締め直せ!
歓喜するのはまだ早い。
まだ取っとけ。

とりあえず、まだまだや!
No.8580 未分類   top↑