2017.02.01.Wed 愛すべきジョン・ウェットン永遠なり

今朝、聞いた。
訃報。
ショックや。
淋しい。

ついこの前、グレッグ・レイクが天国へと旅立ったところだった。
今度はジョン・ウェットン。
当時のわしの音楽的アイドルが一人ずつ亡くなって行く。
胸が締め付けられる思いや。

さっきまでわしの部屋は「レッド」が大音響で流れてた。
愛すべきジョン・ウェットンの声や。
そして今、「太陽と戦慄」を聴きながら書いている。
しかし本当にものすごい作品やなぁ…と、今更ながら実感する。

ジョン・ウェットンと言えば、「UK」。
それと、バンド活動も後期になってから天才ミュージシャンで組まれたエイジアか。
エイジアはあんまり聴いてないけど。

ジョン・ウェットンはイケメンだった。
声もめっさ良かった。
何とも言えない哀愁漂う声。
今日は一日中、ジョンの声に浸ろうと思う。








ジョンとは、誕生日が同じなんや。
心よりご冥福をお祈りします。
合掌。
No.8493 未分類   top↑